Just do it !

とりあえずやってみよう。考えるのはそのあとだ。


日経電子版をやめて朝デジに変えてみた

しばらく新聞をとっていなかったが、頭の中がスカスカになってきているような感触があったので、日経電子版を読むようになった。 株を所有していると、毎日の値動きに右往左往し、経済記事が気になって仕方がない。 日経電子版には、検索ワードを設定してお…

家を売るのは大変だ

私は今までに家を4回買ったことがある。2回は現金払い。2回は分割払い、つまりローン。 現金一括払いというとたいそうなお金持ちのように聞こえるが、安い物件を買っただけのことで、お陰ですっかり元本割れの状態になっている。 ローンが払えなくなった…

アウトプットしないとインプットもしない

昨年は仕事の後、六本木ヒルズの図書館に通って本を毎日数冊読んでいた。しかし、会費がかかるので、もったいないと考えて、代わりに本を買うことにしよう、と思ったのだが、結局、買うのもやめて、毎晩テレビを見る生活になってしまった。 それと同時に、頭…

岡山桃太郎空港発のバスは待ってくれる

岡山空港に飛行機が到着して10分後に市内行きのバスが出発するらしい。乗ることが出来なければ、その次のバスに乗れば良い、と考えて調べてみたら、二時間後。 多分乗客が降りてくるのを待ってくれるのだろうと、半分期待、半分焦りながらトイレに向かう。中…

大原美術館

国内の美術展で、印象派の絵が飾られている時、貸出元がどこだろうと思って見てみると、大原美術館、ということがよくあった。 以前に調べた時の記憶によると、私の住む東京からはかなり離れた四国地方にあるらしい、というのが薄らぼんやりした、これまでの…

宇野港から直島に渡る船に飛び乗った。最初に船が見えたところで降りてください。

岡山駅からバスで宇野港へ向かった。電車で行こうかと思ったが、バスだと一つ早い船に乗れそうだったので、バスで向かうことにした。 前日には駅のバス停の場所と出発時刻も調べて、間に合うように着いた。ところが、バスの到着が宇野港からの出航時間ギリギ…

スーツケースとバッグで変わる旅行

最近スーツケースを使うようになった。若い時はスーツケースなんて考えたこともなかった。重い、邪魔。なので、使うようになったと言っても、超小型ばかりだ。 学生時代、半年ほど外国で過ごすことになったので、荷物も多く、スーツケースが良いだろうと考え…

パスポート申請窓口が異常な待ち方を強いている

パスポート申請窓口が尋常でない混み方をしていると聞いてはいたが、いざ来てみるとひどい。なんの工夫もない。ただ列に並ぶだけ。かつて、社会主義国へ旅をすると、常に並ぶことを強いられたが、今の日本で同じような光景が広がっている。 コロナ禍が終わり…

ワードプレス のサイトが変わっていた

久しぶりにワードプレスで作ったサイトを開いてみた。全く何もせず、放置しているサイトだ。 何もしなくても、毎日数十人が訪れてくれていたので、時々訪問者数を見るのが楽しみだった。 はてなのブログと訪問者数が一桁違っていたのだが、なぜそんなにも違…

イオンラウンジ 品川シーサイド 株主優待

イオンラウンジが再開されたので、品川シーサイドのラウンジへ行ってみた。 イオンラウンジを利用するには、イオンカードのゴールドカードを持っていれば入ることができる。または、株主優待カードを持っていると入ることができる。 私はイオンゴールドカー…

巨大債務危機を理解する

巨大債務危機を理解する (日本経済新聞出版) 作者:レイ・ダリオ 日経BP Amazon 今まで投資に興味のなかった人が参加するようになるのが、不況期に入ったことの兆候ということで言えば、昨今の状況はまさにそのもの。 株式市場が下落することが買いのタイミン…

OpenAIのChat GPTで葛根湯と小青竜湯の成分の違いと効能の違いを聞いてみた

花粉症がひどいので、葛根湯を服用しようと思ったが、小青竜湯が花粉症に良いという話を聞いたので、何が違うか調べてみようと思った。 ググるつもりでいたけれど、せっかくなので、ChatGPTで聞いてみるのが良いかと思って試してみた。 Googleで調べるときは…

ワグネル プーチンの秘密軍隊

ワグネルと言えば慶應義塾大学のオーケストラの名称だとばかり思っていたのが、ここ最近は物騒な傭兵部隊を示すワードとなっている。 ロシア軍がおおっぴらには動けないようなところで、会社として軍事行動を代行する。ロシア政府の言い訳に使われている陰の…

世界を変えた地図 上下

私は子どもの頃から地図が好きで、地図を眺めては知らないところへ行くことを夢想していた。 地図は正確にその土地の形状を表しているものと考えがちであるが、かつてはそのようなことはなかった。正確な地図を作ることには大変な困難を伴った。 (三浦半島) …

AI 2041 AIが作る世界

未来の世界をSF小説風に物語として提示してくれている。 想像できることは、今現在存在していること、もの、がベースになるから、どうしても限界があるけれど、未来を考えることが出来る。 新しい物が生まれて世界を変えてきたけれど、これからは情報が人…